シロアリ駆除費用相場の料金でしっかり駆除
シロアリ対策はどの建物でも必要
シロアリ駆除費用相場は工法で決まる
サービスと対応面で選ぶシロアリ駆除業者

シロアリ駆除費用相場とサービスを確認しよう

どんな住宅でもシロアリ被害の危険性がある

外観が立派な建物や新築の住居であっても、シロアリ被害は起こるときは起きます。立地環境も大きく影響しているため、発生しやすい要因もあるのです。シロアリ駆除費用相場を参考に予算を準備しておけば、万が一のときに安心です。シロアリ被害はどの建物でも起こる可能性があるので、専門家の意見を見てみましょう。

湿気の多い場所は被害に遭いやすい(シロアリ専門家)

シロアリは木材のセルロースを分解して養分を得ます。森の中では倒れた木を土に返す大事な役割をしていますが、住居も木材なので棲みつくと食べられていってしまいます。人間にとって快適な住居はシロアリにとっても同じです。湿気の多い床下や浴室、押し入れや天井裏は、木材が湿気を吸って柔らかくなっているためシロアリにとって食べやすく、食害によるダメージも大きくなります。

木造住宅だけがシロアリの標的じゃない(シロアリ駆除業者)

シロアリの被害を受ける場所は、木造家屋や木造部分だけではありません。シロアリには丈夫な大顎があるので、レンガやコンクリート、鉛の薄板に配線などをかじることもあります。湿気が多いところは繁殖しやすいため、仲間が増え被害も拡大しやすいので注意が必要です。

しろあり

シロアリは様々な建物に被害を与えます。最新の設備を入れているところで発生するケースも報告されているので、湿気が溜まりやすい建物であれば定期的に現地調査を行なったり駆除サービスを受けたりする必要があるでしょう。シロアリ駆除費用相場を参考にし、早めに手を打ちましょう。

新築住宅でもシロアリ対策が必要

新築時に行なっておきたいのが、薬剤散布です。建築プランの中にシロアリ対策が含まれていれば既に行なわれている可能性が高いですが、念のためハウスメーカーに今一度確認した方が良いでしょう。シロアリ対策は設計段階で行なうのがベストです。シロアリが発生しにくい造り、そして発生しても駆除が行いやすい造りにしておけば、万が一発生した場合も効果的に駆除を行なえます。対策が特に必要な場所は、土壌と木部が近い玄関下部やウッドデッキ、犬小屋などです。シロアリ駆除費用相場の料金で質の良いサービスを提供している業者を見つけましょう。

TOPボタン